お客様の元に少しでも早く、全国どこでもデータ復旧ができるようにという代表の思いから、特急データ復旧 出張専用復旧カー「ブルーペガサス」は誕生いたしました。
そんなブルーペガサスの開発に携わったメインスタッフ2名より、どういう思いで開発を行ったのかを語って頂きました。

インテリア担当者より:『お客様はもちろんのこと、技術スタッフも快適に作業ができるように』ということを考え、設備を整えました。車内で復旧作業を行うため、安定した電源供給が必要になってきます。そのため、電源を通常の12Vのところを100Vで安定して供給できるようにするためには装置をどのようにすればよいかを考えました。
また、万が一に備え、電源供給に問題がある場合に警告してくれるようなシステムを設置し、外部からも電源が取れるようにもしてあります。 お客様の要望に少しでも迅速対応できるように、特急データ復旧 出張専用復旧カー「ブルーペガサス」でお伺いいたします。

エクステリア担当者より:『見た方の印象に残るデザイン』ということをコンセプトにデザインを考えました。
車の形に合わせてロゴマークのデザイン位置を調整することや、色の明るさなど細部までこだわっております。