名古屋のサーバー・RAID・NAS・PC専用のハードディスクデータ復旧なら特急データ復旧ウィンゲットにお任せ下さい

  1. データ復旧 >
  2. 特急データ復旧 名古屋 >
  3. ハードディスク復旧 >
  4. Buffalo >
  5. 成功事例10 HDDが急に認識しなくなったバッファロー製外付けHDDからのデータ復旧

2012.6.27

スピード復旧成功しました★★★★★

成功事例10 HDDが急に認識しなくなったバッファロー製外付けHDDからのデータ復旧

愛知名古屋市・個人様

機器/メーカー/型番/モデル/HDD構成
  • 外付けHDD BUFFALO
  • HD-CS500U2
  • 500GB
復旧成功までの時間
診断時間/復旧期間 30分/1日


お客様からの症状

使用されている機種はBUFFALO製の外付けHDD(HD-CS500U2)のご依頼でした。
使用中に、USBケーブルが抜けてしまい、すぐさしなおしましたがHDDの認識ができなかったそうです。
使用中のファイルなどもあったので、データが残っているのかが重要とのこと。
不注意ではあったがなんとかデータ復旧をしてほしいとのこと。

診断内容

外付けHDD(HD-CS500U2)から、内蔵HDD×1を取り出しました。
障害状況を確認するため、専門機材に接続を行いました。
障害状況と致しましては、電源部分などの機器側の障害と、HDD本体の情報を確認中にエラーを確認致しました。

安全に復旧を行うため、健康なHDDに磁気を移す作業を行い、障害HDDと同じ磁気情報をもったクローンHDD
を作成させていただきました。作成したクローンHDDDを専門ツールにて、データ解析を行い、解析したデータよりデータ復旧を試みました。

復旧結果

外付けHDD(HD-CS500U2)から90%以上のデータ復旧に成功しました!

専門スタッフの対応・コメント

今回の復旧作業では、外付けHDD(HD-CS500U2)内蔵HDD×1
から、データ復旧させていただきました。
また、障害的には軽度の障害だった為、データの復旧率はほぼすべて復旧することができ、お客様に満足いただけました。
やはり、障害状況が重いと復旧率が下がってしまうことがあるので、機器に違和感や、データでお困りの場合は、すぐ弊社までご相談ください。
見積もりまで無料にて行っておりますのでよろしくお願いいたします。



ハードディスク故障のエラーの症例

ハードディスクの下記のようなエラーは、操作やソフトの誤動作などによる障害 (論理障害)や、ハードウェアの故障などが原因の障害(物理障害)で起こります。

起動時に、ロゴ画面から先に進まない

ロゴ画面から、先にすすまない。

黒い画面にえらメッセージが表示されて先に進まない。動かない

黒い画面にエラーメッセージが表示され先にすすまない。

青い画面に英語のエラーメッセ維持が表示され、そこから動かない

青い画面に英語のエラーメッセージが表示され、止まってしまう。

黒い画面にエラーのメッセ維持が表示され止まる

英語のメッセージが出て止まってしまう。

MACが起動しない

MACが起動しない。

フォーマットしますか?と表示されデータが見えない

フォーマットしますか?と表示されデータが見えない。

カチカチ変な音がする

カチカチ、変な音がする。

ブザーが止まらない

ブザー音が止まらない !

ステータスランプが点滅して、認識しない

ステータスランプが点滅して認識しない!


何にも動かない!起動しない。エラーメッセージが表示される!ネットワークやハードディスクにアクセスできない!RAID崩壊と表示される!誤ってデータをフォーマットしてしまった!削除してしまった!

その他のハードディスク故障時のエラー症例はこちら

このような状態で、強制終了、再起動を繰り返すと、症状が悪化し、重要なデータがどんどん消えてしまう可能性があります!すぐに電源を切りご相談下さい!