名古屋のサーバー・RAID・NAS・PC専用のハードディスクデータ復旧なら特急データ復旧ウィンゲットにお任せ下さい

  1. データ復旧 >
  2. 特急データ復旧 名古屋 >
  3. ハードディスク復旧 >
  4. WESTERNDIGTAL >
  5. 成功事例13 WesternDigital製内蔵HDD 誤って大切なデータを消してしまったPCからのデータ復旧成功

2013.1.18

スピード復旧成功しました★★★★★

成功事例13 WesternDigital製内蔵HDD 誤って大切なデータを消してしまったPCからのデータ復旧成功

愛知県豊田市・法人様(製造業)

機器/メーカー/型番/モデル/HDD構成
  • 内蔵HDD WesternDigital
  • WD10EZEX
  • 1TB
復旧成功までの時間
診断時間/復旧期間 30分/6時間


お客様からの症状

仕事で使っているPCでデスクトップにあるデータを整理しようといらないデータを削除し、その流れでごみ箱も空にしました。

その後、すぐに大事なエクセルデータを誤って消してしまったことに気付き「元に戻す」をやってみましたがダメでした。

作り直すには大変なデータなので、何とかデータ復旧をお願いしたいです。

診断内容

お客様は内蔵HDDのみを郵送されてきました。
その内蔵HDDに障害がないか専用機器で診断を行いました。
その結果、論理障害で内蔵HDDに致命的な障害はありませんでした。

復旧結果

このまま内蔵HDDを復旧作業をすすめて障害状況が悪くといけませんので安全策のためクローンディスクを作成し、そこからスキャンを行った結果、お客様の必要とされるデータの抽出をすることができました。

内蔵HDDから99%以上のデータ復旧に成功しました。

専門スタッフの対応・コメント

今回、お客様がデータを誤消去されたことに気づいてからそれ以上、何もされず電源を落として弊社にご相談いただけたことがデータ復旧を成功させることに繋がったと思います。

専門的な話になりますが、Windowsのファイルシステムでは、ファイル管理領域と実データ領域が分かれて保存されています。
ファイルを削除しても実データ領域はそのまま残った状態にあることが多いです。

ただし誤ってファイルを削除した後にツールをインストールしたり、新しくデータを書き込んだりしてしまうと、削除した実データ領域に新しいデータが書き込まれてデータ復旧が困難となります。

そういったことで大事なデータを削除してしまったときは、すみやかに電源をOFFにして専門業者へご相談ください。

リプラスは、お客様の大切なデータを全力で復旧いたします。



ハードディスク故障のエラーの症例

ハードディスクの下記のようなエラーは、操作やソフトの誤動作などによる障害 (論理障害)や、ハードウェアの故障などが原因の障害(物理障害)で起こります。

起動時に、ロゴ画面から先に進まない

ロゴ画面から、先にすすまない。

黒い画面にえらメッセージが表示されて先に進まない。動かない

黒い画面にエラーメッセージが表示され先にすすまない。

青い画面に英語のエラーメッセ維持が表示され、そこから動かない

青い画面に英語のエラーメッセージが表示され、止まってしまう。

黒い画面にエラーのメッセ維持が表示され止まる

英語のメッセージが出て止まってしまう。

MACが起動しない

MACが起動しない。

フォーマットしますか?と表示されデータが見えない

フォーマットしますか?と表示されデータが見えない。

カチカチ変な音がする

カチカチ、変な音がする。

ブザーが止まらない

ブザー音が止まらない !

ステータスランプが点滅して、認識しない

ステータスランプが点滅して認識しない!


何にも動かない!起動しない。エラーメッセージが表示される!ネットワークやハードディスクにアクセスできない!RAID崩壊と表示される!誤ってデータをフォーマットしてしまった!削除してしまった!

その他のハードディスク故障時のエラー症例はこちら

このような状態で、強制終了、再起動を繰り返すと、症状が悪化し、重要なデータがどんどん消えてしまう可能性があります!すぐに電源を切りご相談下さい!